資格取得コンシェルジュ

スポンサードリンク
<< 1 2  3  4 >>

30代無資格から介護職へ

30代無資格で介護職への転職というケースはよく聞きます。

薄給の割に重労働、中には認知症の方の世話を任せれ鬱になるなどのケースもあり、離職する方が多いらしく、介護業界が人手不足らしいです。

生活していくために仕方なく介護職を選択される方もいるらしい。

将来的に介護の資格は国家資格を持った人でないと、従事できなくなるといううわさもあるようです。

介護・福祉関係で求人を見てみますと営業職に比べれば少ないですが、求人はたくさんあります。

ハローワークに掲載されている企業はほとんどが介護福祉士以上の資格を必要とするようです。

一般の求人サイトで探してみますと、無資格の方もOKというところがありますが、ホントにいいところで、手取り15,6万。だいたい12,3万くらいのようです。

介護・福祉関係のキャリアアップとしては、基本的にヘルパー2級→3年勤務して社会福祉士もしくは介護福祉士→5年勤務でケアマネージャー。

気になる給料は資格手当を支給するところがほとんどですが、大して変わらないという声が多いです。

高齢者・障がい者の自立支援、人のお役に立ちたいというお気持ちがストレートな方にはあっているが、それが本気でないと続かないお仕事のようです。

30代から資格を取得して転職・再就職を目指す

30代40代から資格を取得して転職・再就職を目指す場合、

お子さんの学校の関係とか、介護している身内の方がいらっしゃるなど、

いろいろな事情で、身動きが取れない場合があると思います。

たとえば、これまでは営業経験しかないけれど、30代後半で転職・再就職して介護・福祉の業界に行きたいと思ったとします。

さまざまな就職・転職サイトに登録して探したり、ハローワークに足を運んで探してみます。

ハローワークで探す場合、30分で時間区切られてるので、じっくり探せないと思う方もいると思います。

管理人は最近になって、ハローワークインターネットサービスの存在を知り、ここで自分の地域の求職情報を見ています。

取りたい資格を取得してもすぐに就職できなければ、取得したこと自体は糧にはなりますが、役立たずと言わざるを得ません。

なので、どれだけの求人があるのか、資格取得しただけの未経験者でもOKなのか、資格取得はいらず働ける場合もあります。

ただし、この場合はかなり給料が叩かれます。

30代無資格から資格を取得して転職・再就職を目指す場合、かなり選択肢が広がる資格は個人的にはCADとホームヘルパー2級などの福祉関係だと思ってます。(介護福祉士は勤続年数が関係するので、今すぐ取れないです。)

やる気が出ないときにやってみるといいこと

資格取得して収入あげよう!だとかステップアップしよう!と思っていてもやる気が出ないときがある。

どんなときに出ないかというと、自分が思った通りに成績が伸びない、または実力がついていると実感ができない、ときなど。

中高生ならともかく社会人経験を積まれている方は、ほぼ努力量に比例して伸びないことを知っているので、たんたんと勉強を続けることはできることが多い。

しかし、試験が近付くにつれて集中できなくなる場合がある。

こういう状態が人にもよりますが、勉強開始直後に来たりすることもある。

失速気味を感じたら、ぜひやってほしいと思うのが、いわゆるブレインダンプ。

気持ちが載らない理由を善悪を気にせずとにかく紙に書きなぐる。深呼吸でもしてリラックスしてやるのがいいかと。

要は言い訳しつくすんです。

管理人は、マインドマップやるときのように紙の中央になんでやる気ができない?と書いて円を書いて、とにかく書きまくる。なるべく1枚の紙に収まるようにしますが、おさまらないときは紙の裏に。

ひと通り出尽くしなた、と思ったそこから勝負で、さらに絞り出す。リラックスする音楽を聴いたり、ちょっと体動かしたりしながら、これでもかというくらい絞り出す。

すると、思いもよらないことを浮かんで紙に書く。思いついたことを説明してみたり・・・。

楽しみながら全力で言い訳してみる。

で、もう空っぽですぅみたいな状態になって、書いたものを眺めると、いくつか強烈に訴えてくる単語があるので、それが理由ならなんでなんだろう?と考えてみる。屁理屈つけでも。

すると、頭ではスキルアップしたい!する必要があるのに、実はスキルアップしたくなかったり、することを恐れていたり、というのが出てくることがある。

会社嫌いだと思ってたのに、実は心の底では好きだったり。

そういう心のつっかかりというか足かせというか、知らず知らずについてるものを取り除くんじゃなくて、あるんだと気づくこと、それだけでかなり心が軽くなって、自然とやる気って出てくるようになることもあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。