資格取得コンシェルジュ

スポンサードリンク

やる気が出ないときにやってみるといいこと

資格取得して収入あげよう!だとかステップアップしよう!と思っていてもやる気が出ないときがある。

どんなときに出ないかというと、自分が思った通りに成績が伸びない、または実力がついていると実感ができない、ときなど。

中高生ならともかく社会人経験を積まれている方は、ほぼ努力量に比例して伸びないことを知っているので、たんたんと勉強を続けることはできることが多い。

しかし、試験が近付くにつれて集中できなくなる場合がある。

こういう状態が人にもよりますが、勉強開始直後に来たりすることもある。

失速気味を感じたら、ぜひやってほしいと思うのが、いわゆるブレインダンプ。

気持ちが載らない理由を善悪を気にせずとにかく紙に書きなぐる。深呼吸でもしてリラックスしてやるのがいいかと。

要は言い訳しつくすんです。

管理人は、マインドマップやるときのように紙の中央になんでやる気ができない?と書いて円を書いて、とにかく書きまくる。なるべく1枚の紙に収まるようにしますが、おさまらないときは紙の裏に。

ひと通り出尽くしなた、と思ったそこから勝負で、さらに絞り出す。リラックスする音楽を聴いたり、ちょっと体動かしたりしながら、これでもかというくらい絞り出す。

すると、思いもよらないことを浮かんで紙に書く。思いついたことを説明してみたり・・・。

楽しみながら全力で言い訳してみる。

で、もう空っぽですぅみたいな状態になって、書いたものを眺めると、いくつか強烈に訴えてくる単語があるので、それが理由ならなんでなんだろう?と考えてみる。屁理屈つけでも。

すると、頭ではスキルアップしたい!する必要があるのに、実はスキルアップしたくなかったり、することを恐れていたり、というのが出てくることがある。

会社嫌いだと思ってたのに、実は心の底では好きだったり。

そういう心のつっかかりというか足かせというか、知らず知らずについてるものを取り除くんじゃなくて、あるんだと気づくこと、それだけでかなり心が軽くなって、自然とやる気って出てくるようになることもあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。