資格取得コンシェルジュ

スポンサードリンク

資格を将来の不安解消のために取ることで注意したいこと

将来の不安を解消するために資格を取るというのは素晴らしい場合と素晴らしくない場合があります。

資格で不安を解消しようとする場合と、資格に不安を払拭してもらおうと考える場合。

似ているようで全然違います。

資格で不安を解消しようという人は、主導権が自分にあるので、覇気とか目付きが違います。

資格に不安を払拭してもらおうという人は、どうしても受け身的な人が多いので、集中力が発揮されにくいようです。

しかし、後者でも強迫観念といえるくらいの不安を感じている人は、がっつり進むのですが、相当な精神的負担がかかっているので、周囲の時間的・メンタル的なサポートが必要です。

適度なプレッシャーは目標を達成するよいスパイスとなりますが、度を超すと自分のダメなところばかりに目がいってしまい、ネガティブ思考に陥ったりします。焦りですね(ネガティブ・スパイラルと一人で言ってます)。

こうなると資格取得まで長期化しやすいので、これだけは避けたいです。

ネガティブ・スパイラルに陥らないようにするには、

・できれば同居している家族、一人暮らしなら1人でいいので、理解者を得ること、
・共に同じ資格取得を目指す勉強仲間を作ること、

この2点がメンタル面を保つためには重要と思います。

さらに、これも程度の問題ですが、周囲との約束を守ろう!ということでモチベーションも保てます。

ですから、専門学校などに通学して取得することが望ましいのですが、いったん社会にでるとそうもいかない場合がほとんどですし、近くによい資格学校がないこともあります。

そこで、独学や通信講座を利用して取得することになるのですが、だいたいどこの通信講座もカスタマーセンターというのがありますし、うまく活用するようにしましょう。恥ずかしがって活用しないことが多いけれど・・・。

通信講座を選ぶ基準として、カスタマーセンターの存在とそれが機能しているのかどうかは結構大事なことだと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。