資格取得コンシェルジュ

スポンサードリンク

資格を将来性で判断すること

資格を将来性で判断する人もいるようです。

管理人には少々驚きです。

自分の適性や性格を見直したうえで、
将来自分が社会にどう貢献したいのか、
どういう分野のエキスパートになりたいのか、
どういう分野を新しく創りたいのか、

その上で必要とあらば資格を取得する、と考えているからです。

資格を取って食べていこう!ではなく、資格に食べさせてもらおう!という人が多いのでしょうか?

取得する前に気にするならまだわかりますが、取得した後に将来性に関する質問をする人もいるようで・・・。ネットなんでどこまでホントかわかりませんが。

資格取得してすぐに就職できる見込みあるんですか?ということも、地域に出回っている就職案内雑誌を見たり、ハローワークに行ってくまなく見てみるとすぐにわかるんですけどね。

うちの地域じゃ、司法書士と介護関係が多いですけど。

資格の業務範囲を広く浅くできた上で、自分の強みを作って、売り込みをかけていくというのは、独立系・就労系関係ないので、それだけがあれば安泰とはいいませんが・・・。

あと法改正などによる柔軟性。

資格学校は将来性がないなんて口が裂けてもいうわけないですし、ネットではどんな人が言っているかわかりません。

将来性は人に聞くもんじゃなくて、肌で感じるものなのでやっぱり自分の感性とか視点を大事にし、その上でこれだ!と思ったらがんばって取ることが大切かなと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。