資格取得コンシェルジュ

スポンサードリンク

資格取得におけるライフプランの立て方

資格取得しよう!なるほどライフプランを立てることが大事なのか、じゃ、ライフプランを立ててみようと思って、いざ、紙とペンを持って机やテーブルについてみても・・・

何も書けない・・・

ということや、ライフプランを書いたはいいものこれでいいんだろうか?なんて思ったりすることもあると思います。

営業会社にお勤めの経験のある方は、研修でライフプランの立て方を習ったことがあるかもしれないので、そこで習ったことに基づいて立てればいいと思いますが、参考までにライフプランの立て方を概説したいと思います。

ライフプランの立て方は

現在の自分を客観的に把握する
将来なりたい自分の姿をイメージする

この2つができるだけ明確になって初めて立てられますが、難しいのは後者ではなく前者です。

現在の自分を客観的に把握するというのはどういうことかというと、鏡の前に立って、自分は誠実そうに見えるよねとか、かわいいよね、とかではなく、自分が取った行動、出した結果に基づいて、人にどう捉えられているか、ということです。

ですから、友人や家族と話すとき、理由が行動や結果に基づいているか、ということに着目することが大切と思います。

将来なりたい自分の姿をイメージするときに大切なことは、これまでの自分のデータに基づきすぎないということ。

非常に特殊な例とは思いますが、司法試験「超」勉強法(熊谷信太郎著 弘文堂)の中で、20代のOLが会社を退職して、専門学校に通って1年で司法試験に合格したという例もあります。

なので、本当に自分がどういうふうに社会と関わっていきたいのかを明確にイメージすることと、ギャップによって異なりますが、周囲の協力をどうやって得るかがポイントになると思います。

既婚者の方は、奥さんやご家族の理解があるかないかでかなり資格取得達成までの道のりの険しさが変わってくるので、家族会議を開くのがいいでしょう。

プレッシャーをかけることになり、甘え心も吹き飛びやすいし、子供も勉強頑張るようになったというケースはよくありますので。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。